アーユルヴェティ子の、美と健康のためのもがき

中年女性がおくる美と健康のためのブログ。アーユルヴェーダ、シャンプー、化粧品、食、旅のこと等。(ブログタイトル変更2022年7月)

電子レンジでビリヤニ作り

3コインズにある300円のレンジで1~2人前の米を炊く容器(しゃもじ付き)、ずっと気になってて買ってみた。
白米だけでなく、おこわ、たきこみご飯等、色々炊けるようで、インドの炊き込みご飯、ビリヤニを作ってみた。

今回はアールティのビリヤニペーストを使用(購入は画像⇩をクリック!)

1.ビリヤニペースト大さじ1~2位(お好みで)とヨーグルト大さじ1(適当)と、殻をむいたエビ、じゃがいも等を一緒に、この容器に入れてしばらくつけておく。
ベイリーフ=ローレルの葉を入れるのを忘れていた💦)
2.同時にボウル等にバスマティライス1カップ(約150g)を入れて水で30分ひたしておく。
3.庭でつんだアップルミントの葉を、適当に1にパラパラ入れる。(ビリヤニといえばフライドオニオンだけど、面倒なので省略)
4.2のライスを水切りして、3の容器の中へ。上からばさっと入れる。水も1カップ入れる。まぜなくてOK
5.スリーコインズの容器の説明書きの通り(白米と同じでOK)、レンジでチンしてから、蓋をとらずに20分位蒸らす。
(本来のビリヤニは、もう少しだけ水の量を少なくして、鍋を密閉するので、ラップ等で密閉するか迷った。今回はレンジ使用なので、密閉しなかった。)

完成


だいぶすくい出した後↑ できあがる頃には容器いっぱいになる。
この容器ひとつ分で、2~3食分。


あまったココナッツパウダーで作った、スリランカのバーベリンリゾートのレシピにあったココナッツチャトゥニを添えた。

チャトゥニのレシピはこちら☝

実は、ビリヤニマサラで作った時の方がおいしかった。ただビリヤニペーストは、にんにくとしょうがをいちいちすりおろさなくていいので、楽だ。

次はベイリーフも忘れずに、チキンビリヤニにしてみた。だしのよく出る鶏肉の方が美味。

先にオイルと塩、ベイリーフを入れた湯で米を7割位の固さに茹でて、マリネしておいた肉の上に乗せてレンチンしたら、カッチ式ビリヤニ(米の色がバラバラになってきれいなタイプ)も出来た。こっちの方がおいしかった✨

インドの細長い米=バスマティライス

アーユルヴェティ子の「美しく健やかに」 - にほんブログ村

i herbで買う野菜ブイヨン

野菜ブイヨンキューブをi herbで買ってみた。
https://s3.images-iherb.com/edw/edw00393/y/3.jpg
Edward & Sons, Edward & Sons, Garden Veggie, Bouillon Cubes, 8 Cubes - iHerb

8個入って約250円。キューブ1個でスープ2人分できる。1人約15円~。
これだけで他に味付けしなくても、好きな野菜を放り込めばOK
ビーガン&グルテンフリー。
おいしい。


f:id:ayuruvettyco:20210127125035j:plain
スープパスタにした。パスタ(1人分約70g)入れる時は、キューブ1個で1人分。
ひよこ豆とかアマニオイルを入れて、タンパク質やオメガ3を補給してもいい。

ラタトゥイユ=イタリア風の野菜のトマト煮込みを作る時に使ってみたら、それもとてもおいしかった。

HIB331i herbでクーポンコードを入力すれば初回割引。よろしければお使いください。

 

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

皮なし緑豆(イエロームングビーン)の手作りおやつ

緑豆の皮向いてあるやつ、イエロームング豆。
前にネットでセットで安かって、買っておいたやつの消費期限が近づきはじめた。
このムング豆もこの夏中に、急いで消費しなければ💪

料理につかうのも飽きてきたし、他にもレンズ豆やひよこ豆も消費しなきゃいけないので、このムング豆はプリンと羊羹みたいにした。
卵も乳製品も不使用の、ベジタリアンなおやつ。
イエロームング豆、ビタミンB群、カリウム等のミネラルもある。
ドーシャも整えるけど、砂糖が入っているので、カパが増えるのは必須。

f:id:ayuruvettyco:20200808182218j:plain f:id:ayuruvettyco:20200808182302j:plain

レシピ

①適当な量の豆をよく洗い、30分以上水にひたす。
②もう一度洗って、蒸す、またはゆでる。ゆでる時の水の量は多すぎないように。
③やわらかくなったらゆで汁ごとミキサーにかけて、ペースト状にする。
あまりぐずぐずにやわらかくし過ぎると、栄養がどっかいくので注意。
④再び鍋に戻す。もしも汁気が多すぎると思ったら、さらに過熱して水分を飛ばす。
汁気が少ないと感じたら水を足す。
⑤味をみながら、砂糖(今回キビ砂糖使用)を好きなだけ加える。塩もほんの少し入れる。よくまぜる。
(温かい時甘いと思っても、冷やしたらあっさりするので注意)

ここからが、プリンと羊羹の分かれ目

プリン
⑥タピオカスターチ(タピオカ澱粉)を水(粉の3倍位)に溶かしておく。粉の量は全体の10%位。でも適当だったのであまり覚えてない。
⑦ ⑤をしっかり加熱して熱々になったら、勢いよく鍋の中を混ぜながら⑥を加える。
そしてさらにしっかりすばやくまぜる。泡だて器使ってもいい。
もう少し甘くしたい時は砂糖を加える最後のチャンス。
バニラを加えてもいいのかもしれない。

かきまぜながら更に加熱する。汁気が多い場合はぐつぐつする位。
※ここでしっかり加熱しないと、後で固まらないと思うので注意。
順調なら、加熱しつつ混ぜている段階で、ねばりが出てくる。
⑧型にうつし、粗熱をとったら冷蔵庫へ入れて冷やす。
⑨できあがり。甘さが足りなければ、キビ砂糖をふりかけたり、シロップやキャラメルをかけても良いと思う。

ようかん
⑥粉寒天を水に溶かし、⑤の鍋に入れまぜる。寒天の量は、寒天のパッケージに準ずる。なので、④で重さを測っておいた方が良い。

(今回は豆と煮汁のペースト約400g、そのうち豆は水にひたす前でカップ半分。寒天4g、溶かした水50cc)
⑦まぜながら、しっかり加熱する。
⑧火からおろして、冷やす。型に入れてから冷やしてもいい。
私は鍋のまま冷やして、あとで切った。

やはり当日がおいしい。翌日は味が落ちる。

 

アーユルヴェティ子の「美しく健やかに」 - にほんブログ村

あまったマスタードシードを夏中に消費する!

4年前、スリランカで買ってきたマスタードシードがものすごいあまっている。
どうしよう、まだ食べられるのかな。・・・と言いつつ、ちょっとずつ食べている。お腹は大丈夫。もしかしたら風味は落ちているかもしれないけど。
同時に買ったクミンとフェンネルは、種のすきまが黒くなってきたから庭にまいて捨てたけど、ずっと香も味もしていたし、スパイスの消費期限っていつまでなんだろう。

というわけで、大急ぎでマスタードシードを使い切らなくては。

じゃがいも、にんじん、ムング豆のマスタードシードいため。
それとゴツコラのサラダ=スリランカのビュッフェでよく見かけるやつ。

f:id:ayuruvettyco:20200719151924j:plain

(左)マスタードシード炒め:本のレシピをアレンジした。基本はじゃがいもだけで作る。この日のランチは芋が主食。ちょろっとある緑のはカレーリーフ

(右)ゴツコラのサラダ:レシピはバーベリンのやつ。白いのはココナッツフレーク。ライムであえるところはレモン汁でも十分らしくなる。たまねぎのすりおろしとレモン、塩、カイエンペッパーだけ。ノンオイル、砂糖不使用でもおいしい。カイエンから風味が出ているので、カイエンは少量入れたい。ゴツコラは食べる直前にあえるのがおいしい。

参照したレシピの本 ↓

アーユルヴェーダ的な、ベジタリアンで健康的なレシピがたくさん☝

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

シミのケア

最近、ホルモン剤で閉経レベルまで女性ホルモンをおさえているからなのか、急にシミが濃くなってきた。
去年インドでアーユルヴェーダを受けて、だいぶシミがうすくなったのに。
シミって、濃くなったり薄くなったりするんだな。
今年はインドやスリランカには行けそうにないし。もし行けていたら、シミに効く薬やオイルをめいいっぱい持って帰っていたところだ。
冬にシミとりレーザーを受けようかとも思うが、もうちょっとなにか出来ることないかな、と調べていたら・・・

インドで質の高いアーユルヴェーダコスメを提供している、KAMAが、ホームページでシミのケアについてレクチャーしている。

www.kamaayurveda.com

KAMAによる、肌からダークスポットをとりのぞく方法⇩

ターメリック(ウコン)とひよこ豆の粉でペーストをつくり、パックする。
・トマトジュースを塗り、20分放置。
・レッドレンティル(皮むきレンズ豆、オレンジ色のやつ)を一晩水に浸し、つぶしてペースト状にして、パックする。
・緑茶の使用済みティーバックを美白したい肌の上におく。
・数本のサフランを少量の水に浸し、小さじ2杯のターメリックパウダーを加え、ペーストをつくり、パックする。
アロエベラジェルをシミにつけ、30分以上そのままにする。
・ジャガイモの汁で毎日マッサージする。
・レモン汁を、シミにピンポイントで綿棒等でつける。

もちろん、日焼け止めや、バランスの取れた食事、健康的なライフスタイル、禁煙、ビタミンCや抗酸化物質の摂取も大切なよう。

 

他のサイトも色々見てみたけど、ターメリックはよくシミのケアに使われているよう。
私もいくつか試してみたけど、良い感じだったのは緑茶とターメリック
ヨーグルトにターメリックをまぜてパックするのも、忙しい朝にさっとできて、肌がモチっとして好き💕
大量にあまっている、ムルタルミッティのパックにもターメリックまぜよう。
トマトジュースは全く変化なし。レモンはピリピリするのと、光毒性も心配なので、昼間はやめておくことにする。
それから、うちの植木鉢にあるアロエベラをもいで、ジェルも作ろう。

 

本当かどうかは分からないけど、ケノンも良いと言う噂。美肌カートリッジ持っていないから、脱毛カートリッジで試してみる。→よくわからんかった。

ケノン728-90

 

アーユルヴェティ子の「美しく健やかに」 - にほんブログ村

ココナッツ粉で朝食づくり~卵、牛乳、小麦アレルギー対応レシピの紹介~

強力粉は見当たらないけど、薄力粉ならまたスーパーの棚に並びだした。
そして、前に台湾の芋圓作りで使って、大量にあまっているタピオカ粉なら家にある。
というわけで、ココナッツ粉を追加で購入し、手に入るものだけで朝ごはんをつくりました。
うちの強力粉残り1kg半は、今は大事にとっておきます。
卵を使わないパンケーキのレシピ探すの、苦労したわ。
ついでに牛乳も使わないので、卵、牛乳アレルギーの人にも。

ココナッツ粉(coconut flour) i herbで購入
クーポンコード HIB331 入力で初回10%オフ。ぜひお使いください。

https://s3.images-iherb.com/now/now06917/v/1.jpg

 

タピオカ粉の平たいパン
(卵、牛乳、小麦粉不使用)

www.buywholefoodsonline.co.uk

タピオカ粉175g、ココナッツ粉(ココナッツミルク粉ではない)50g、塩小さじ1、ココナッツオイル大匙2、255ml温水をまぜる。麻の実は省略(ゴマでもいいのかも)。
オイルを少しひいたフライパンで焼く。
今回は4分の1の量で、1枚分だけ料理。

もちもちして、しょっぱくておいしい。確かにナンみたいにカレーの主食によさそう。
1枚約385kcal

ビーガンココナッツ粉パンケーキ

www.rhiansrecipes.com

メープルシロップ大匙4
リンゴ酢大匙1(またはレモン果汁大匙2)
植物ベースのミルク400ml(アーモンドミルクとか。今回はココナッツミルク使用)
ベーキングパウダー小さじ2
ベーキングソーダ小さじ4分の1
ココナッツ粉30g(ココナッツミルク粉ではない)
小麦粉170g(グルテンフリーの小麦粉か、サブプレーンの小麦粉だって。サブプレーンの小麦粉って何?分からないから普通の薄力粉使った。)
バニラエッセンは省略

これらの材料を、ココナッツオイル等の植物オイルをひいたフライパンで、1枚ずつ焼く。

日本のパンケーキみたいなかさの高いやつではなく、ペチョッとしたパンケーキ。水分量もう少し減らした方が、上方向にふんわりするのかな?
味はココナッツ好きな人なら、好きだと思う。
カロリーが、ココナッツミルクを使ったせいで、このレシピの半分の量(1人分)で、約700kalに🐷
調理15分の消費カロリーが約35kcalだから、ダイエット中の現在、1日の半分のカロリーを朝食だけでとってしまった。
そのわりにあんまりお腹膨れないから、おそろしい。でも腹持ちはいい。ココナッツミルク使うんじゃなかった。今度作る時はアーモンドミルクか豆乳にしよう。
私牛乳アレルギーじゃないから、牛乳でもいいし。

 

今日は、家の中で片付けとかして、体を動かすことにする。
疲れていなければ、エアロビクスもやろうかな。10分で50kcal消費できるから。

↓お気に入りのエアロビクス

www.youtube.com

 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

便秘の時に私がやること、食べたいもの。

 便秘の時に私がやること

・おなかいっぱい食べない。食事は水分と固形物半々で、腹7分目までにする。
・セサミオイルでマッサージ
・白湯をよく飲む
・体をひねるヨガ
・朝食後に歩く、またはスクワット

 

そもそも便秘自体、ほとんどしないのだけど。

 

便秘の時に私が食べないもの

・豆乳(どうしても飲む時は甘くする)
・ヨーグルト(ただ便がかたい時は、1対10位で水で薄めて飲むことはある。)
・いも類
・レモンティー(下痢や軟便を止めるらしい)

 

便秘の時に私が食べるもの

・ホットミルクティー
ストレートティーには、しょうがとカルダモンを入れる。
・アボカド
・焼いてネバネバがなくなったオクラ
・ズッキーニ
・ほうれん草
・りんご
・カルダモン
・シナモン
・こしょう
・梅
・れんこん(肉魚とは一緒に食べない)

 

 にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村