アーユルヴェティ子の、美と健康のためのもがき

中年女性がおくる美と健康のためのブログ。アーユルヴェーダ、シャンプー、化粧品、食、旅のこと等。(ブログタイトル変更2022年7月)

2日目、激マズお薬開始@南インド、アーユルヴェーダ病院入院

南インドケララコーチンにある病院滞在2日目。

 

昨夜は21時に寝て、今朝は3時に目覚める。
やはり近くの空港から離着陸する飛行機の轟音がすごい。本来なら人が住めない環境だ。
元々ここに病院があったけど、後で空港が引っ越してきたらしい。
周囲は高級住宅街。かなり地価も下がったのでは。日本なら反対運動ですごいことになっているはず。

 

7時、ソフトカプセル状の薬を飲む。若返りの効果があるらしい。

敷地内を散歩、といっても端から端まで片道3分。一往復する。

 

8時、朝食を食べに食堂へ。スタッフは一度で患者の顔を覚えて、その患者に出すメニューもきっちり把握している。
蒸したバナナがおいしい。あとカレー2種と主食とハーブティー
足りない人は、おかわりできる。
f:id:ayuruvettyco:20190903092347j:plain

 

部屋に戻り、担当Dr.の問診があり、便のことや不調はないか等聞かれる。

9時、大きめのタブレットの薬と粒みたいな薬を飲む。

 

10時、薬剤師が液薬「KASHAYAM」をワイングラスに入れて持ってくる。
種類は人それぞれだが、私のは脂肪等、余分なものを取る効果がある。
f:id:ayuruvettyco:20190903092446j:plain
きた。嫌な予感。見た目がスリランカのやつとそっくりだ。
一口飲む。
あああああ、久しぶり!まずい!
スリランカでも飲んだけど、その翌年クアラルンプールの中華街でも再会したよね。
久々だからか、本当にまずい。写真等とりつつ、ゆっくり飲む。
終わったら部屋の前の薬棚へ、カラのグラスを置いておくと、回収してくれる。
でもこれ、本当はタブレット版もある。液体の方が良いのかな?

 

10時過ぎ、掃除の女性スタッフが部屋の掃除にきたので、部屋の前のテラスでぼんやりする。日焼けしそう。
f:id:ayuruvettyco:20190903092628j:plain

シーツもあたらしくなり、気持ち良い。
ヨニピチュで使う、プラスチックシーツも洗ってくれた。

部屋には窓とドアに網戸があり、部屋に蚊が入ってこない。ベープもかゆみ止めもある。
外にもあまり蚊がいないのは、ぼうふらがわかないよう、掃除を気を付けているのかもしれない。
f:id:ayuruvettyco:20190903092533j:plain

 

11時過ぎ、セラピストが迎えに来て、トリートメントルームへ。
いるものは石鹸とタオル。あらかじめ手提げに入れておくとスムーズ。
PODIKIZHIというトリートメント。
体の痛みや凝り、冷え等に効果があるらしい。
オイルマッサージの後、ハーブパウダーの入ったポンポンでマッサージする。
あたたかく、背中から足までずるんっと、ダイナミックなマッサージで気持ちが良い。
よく芸能人が、ロケでマッサージを受けて「トロトロになる」と言っているのは、このことか。
終わると、隣の部屋で水を飲んで、体を洗う。セラピストが背中だけ洗ってくれる。
オイルのぬるぬるは、一度洗っただけでは落ちない。タワシでゴシゴシ洗う必要がある。
洗い終わると、ココナッツウォーターを飲み、頭の上に謎の粉をかけてもらう。

 

部屋に戻ると、12時の薬が置いてあった。
もう12時を過ぎているので、急いで飲もうとするが、すごく味が濃くてきつい。
さっきの薬どころではない。甘酸っぱくもあり、えぐくもあり、お酒のように喉があつくなる。
これは参った、一口も無理だ。でも50ccもある。
おしゃれにワイングラスなんかに入ってるけど、きどっている場合ではない。
20倍に薄め、30分位かけて飲むが、お腹がタプタプ。時々吐いてしまった。
食前に薬でお腹がいっぱい。これ、アーユルヴェーダあるあるだ。
これが毎日続くと思うと、憂鬱になる。昼からはヨニピチュもあるし。 

 少し休憩してから食堂へ。
f:id:ayuruvettyco:20190903093024j:plain
ランチは一番品数が多い。サラダおいしい。パパイヤもつく。

 

担当Drがヨガホールへ案内してくれる予定だったが、つかまらないので、部屋で読書等をして過ごす。

 

3時半、ヨニピチュをしに、ベテランDrとセラピストが部屋にきた。
昨日よりは慣れたが、ちょっとビビる。
2人が部屋から出て、内側から鍵をかけたら、プラスチックシーツの上にパッドをひいて、2時間横になる。服が汚れると嫌なので、下は何もはかない。
もし鍵がかかっていなかったら、と思うと、なかなかスリリングだ。
しかし、2時間たたないうちに、鼻のトリートメントをしに、セラピストがきた。
「今トリートメント中だよ~」と言うと、Drから「あけたげて」と電話がくる。
予定表の時間が前後して、本来はこっちが先だったので、少々混乱。

鼻の治療は、軽く顔や首を、手のひらと足の裏をマッサージし、インハレーションという、薬の蒸気を、目隠しの状態で吸引する。
そして鼻の穴に薬用オイルを3滴ずつたらし、喉の方までたれてきたら、うがいをする。
鼻用のオイルは、バーベリンでも貰ったけど、同じ味と匂がする。

もうしばらくすると、担当Drが予定表を持ってきた。
昼の飲みづらい薬のことを言うと、飲めるだけで良いとのこと。
「また何かあれば言ってね。内線は26番だから。私の名前は、ドクター、カァ~~~~ルルルルルルルティッカよ。」
ルの発音は、すごく舌を巻くのね。椎名林檎のよう。

 

ピチュをして2時間位たったので、体を洗い、貸してもらったドライヤーで髪をかわかす。
疲れが出たのか、ぼーっとしてグラスを落として割ってしまい、掃除してもらったりして、時間はロスしたが、6時の薬KASHAYAMを急いで飲み干し、ヨガへ。
着くと、ラスト15分だった。

ちょっと他の患者さんともお話して、
部屋でドライヤーで服を乾かす。ドライヤー、あって嬉しい。
なにせ季節は雨季、洗濯物はいつまでたっても乾かない。
部屋には手洗いと体を洗う石鹸しかないが、シャンプーは別に購入して、外に行かなくても手に入れることができた。
しかもアーユルヴェーダシャンプー。

 

本日のディナー。
f:id:ayuruvettyco:20190903092413j:plain

 

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村