アーユルヴェティ子の、美と健康のためのもがき

中年女性がおくる美と健康のためのブログ。アーユルヴェーダ、シャンプー、化粧品、食、旅のこと等。(ブログタイトル変更2022年7月)

南の島で癒されるには~ひとりぼっちで慶良間諸島阿嘉島編~

前回、本島編↓の続きの話。
ayuruvettyco.hatenablog.com

 海のシケもだいぶ落ち着いたようで、慶良間諸島行きフェリーは無事に出港し、阿嘉島に到着。
港に宿の人が迎えにきてくれた。
なんと3つベッドのある広い部屋を独り占め。しかもめちゃめちゃキレイ✨

阿嘉島には港の隣に海亀のいる小さなビーチがあり、宿でウェットスーツや水着に着替えたら、そのまま歩いていって、海亀と一緒に泳ぐことが出来る。
・・・が、私は足の指を泊の宿でケガしてしまい、シャワーですらしみるのと、まだ出血があるので入ることが出来ない。
それにこんな寒い日(10度なかった)に1人で入ったら、心臓麻痺して溺れて助からないかもしれない。
せっかくここまできたのに、目の前にはきっと絶景が広がるだろうに、ああ無情。

あきらめて、島内散策でもすることにしよう。

自転車でビーチを目指していたら、たまたま公園でシカ発見!野生なので当然逃げていく。

ここにしか生息しない貴重なシカらしい。本州のシカより小柄。
これは子ども↓
f:id:ayuruvettyco:20200202140400j:plain

 

ビーチに着いた。晴れていたらものすごく青い海らしいが、今日は曇り。冬の沖縄は天気が悪くなりやすい。
こんな感じで↓浜辺にレインコートをひいて、ヨガの安らぎのポーズで寝転がる。
f:id:ayuruvettyco:20200202140316j:plain
目の前の海には、シュノーケリングツアーの人達がボートに乗っていて、こうして一人で寝ていると、倒れているように見えないかちょっと気になる。

こうして目をつぶっていると、すごく心地がいい。波の音がBGM。

そのうちこうなって・・・
f:id:ayuruvettyco:20200202140442j:plain

こうなりそうだし
f:id:ayuruvettyco:20200202140455j:plain

(参考。ここから画像拝借↓)

Classical Hatha Yoga - Ch. 6: Shavasana, by Shiva Das, disciple of Prabhuji

 

カラスが近くで鳴いていて、アーホーとまで鳴かれて、なんだか居づらくなってきたので、自転車で橋を渡って隣の島まで行くことにする。

橋の上は風が強くて大変。
途中で小雨が降ってきたので、レインコートを着る。レインコートはビニールシートにもなるし、防寒も出来てとても便利。
隣の島で何をするわけでもなく、島の風を感じてひたすら走ってまた宿に戻った。

宿の夕食も泡盛もおいしい。
たまたま同じテーブルになった人と、『竹野のシュノーケリングはどうなのよ?』「沖縄と違って、どの魚の色も地味でおもしろくない。」『おいしそうじゃないですか。』等と話し、阿嘉島の夜は更ける・・・


これではるばるやってきた阿嘉島、特に何をしたわけでもないままに、グッバイ。

 

阿嘉島で癒されるためのポイント>
シュノーケリングを楽しみたければ、もっと温かい時期に行くとよさそう。船も欠航になりにくい時期で。でもクジラが見たいなら、冬~春に限る。冬は防寒を。
・島内散策は、自転車や徒歩でまわりやすいけれど、シカ以外は何もない。シカも会えるとは限らない。
・晴れていれば、海はものすごくきれいな青色なのだそう。
☆クジラが見たいわけでないのなら、冬は外した方がベター。冬は天気が悪く、欠航も多い。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村