アーユルヴェティ子の「美しく健やかに」

30代女がおくる美と健康のためのブログ。アーユルヴェーダ、シャンプー、化粧品、食、旅のこと等

南の島で癒されるにはどうしたらいいか~マレーシア編②~

プルフンティアン島の宿とエリア事情について(2017年時点)

癒しを目的とするならば、どの宿に泊まればよいのか?

このように、島はクチル島とブサル島に分かれている。

シュノーケリングポイントのラワ島という無人島へは、コーラルベイからが近くて安い。ラワ島は1m位あるブダイ?がいることで有名。サメもナポレオンフィッシュも、いろいろいて、岩にサンゴが群生しているので、シュノーケリングだけど浮いているだけで、大きなさんごが左右に広がる。大きないそぎんちゃくがあり、クマノミの家になっている。それをフィンでばさばさあおぐ

 

f:id:ayuruvettyco:20190414163019j:plain

星のあるところが宿。村にも宿が増えているよう。
村はシュノーケリングツアーの昼食に寄った。ここで食料を入手して、夕食にしている人も。

 

<クチル島 コーラルベイ>
コーラルベイは物価もロングビーチやブサル島に比べて安い。小さくてのんびりした雰囲気。海中は濁っているらしいので、ビーチからシュノーケリングやりたい人には不向き。
ただこのエリアの安宿は、trip adviserやgoogle mapなどでクチコミを調べると、bed bugが出たとか、感じが悪いとか、あまり良い評判の宿がない。

f:id:ayuruvettyco:20190414155321j:plain

・Ombak Inn Chalet:中~高級。個室は5000円以上するが、1000円位のドミトリーもある。雰囲気は良いけど、高いわりに色々足りていないという噂も。

・butterfly chalet :ほったて小屋のような外観だが、部屋の前からのバルコニーの眺めがよい。google mapの位置は間違っているので注意。

Fatima Chalet:クチコミでは不親切、汚い。これもgoogle mapで位置が違う。

・Amelia chalet:ベッドの掃除は、前の客が使っていたシーツを裏返すだけ、というクチコミが。ただ壁に隙間はあまりなさそう。

 

<クチル島 ロングビーチ

どこにいても、夜は深夜までファイヤーショーの音楽が大きくて睡眠を妨げられる。ちなみにファイヤーショーはビーチの隅から隅まで、いくつもやっている。
ただ一番にぎわっているので、レストランや売店には不自由しない。
宿の数も一番多い。中級以上の宿も含めて、次々新しい宿ができている。ビーチの中央やや北側に、テントキャンプがあり、そこもたくさん人がいた。
ビーチは長く、港=ジェティがビーチの北側にあり、南側の宿を目指すのは大変。絶対に重いスーツケースを持っていってはいけない。桟橋の上以外は、砂地か草むらで、平らな道はほぼない。
海は遠浅の砂地。魚はジェティの桟橋の下にいる。

・mothin chalet:前回参照。ビーチの南の端の高台で、心地よい風が吹く。個室150リンギ~。安くてあまりきれいでないが夜間クーラーがかかるドミあり。ただし夜間は何もしなくても涼しいので、クーラーはいらない。

f:id:ayuruvettyco:20190414155156j:plain f:id:ayuruvettyco:20190414155128j:plain

・rock garden chalet:mothinの隣。清潔そう。南京虫遭遇情報もない。山の斜面に面している。個室160リンギ~。ドミトリーあり。

マタハリ chalet:個室70リンギ~、ドミあり。蚊帳あり、蚊多い、暑い、ビーチの真ん中。ビーチにある入口からレセプションまで少し歩く。レセプションのスタッフの感じがよかった。私が訪ねた7月末は、6組位空室待ちがあり、荷物を預かってもらって、他の宿を探した。評判は良い。南京虫遭遇情報も見かけない。

Bintang View Chalet:高台にあり、写真では隙間が多い。トイレとシャワーは共同

・chempaka chalets:写真ではボロく、 蚊帳や壁に穴。
レモングラス chalet:ビーチの南の方。ほったて小屋のよう。写真では隙間多い。共同トイレバス
Oh La La's:ビーチの真ん中。1部屋20ドル位。シャレーではなく建物。昼間、共用トイレを借りたが、電気は夜しか通っておらず、扉を閉めると真っ暗で何も見えない。無駄にトイレの個室内もやや広いので、便座を探すのも一苦労。個室、ドミあり。
サンライズ:ビーチの真ん中。清潔らしい。 建物タイプ
 
ロングビーチとコーラルベイ間の山中>
f:id:ayuruvettyco:20190414173640j:plain

トロピカーナイン :きれいそう。120リンギ~。夜女一人だと、ビーチや他のレストランまで山中を少し歩くので、身動きとれない。昼間歩いていたら、ここの掃除のおじさんがディナーに誘ってきた。

・ewans place:ややコーラルベイ側の山中にあり、ombakの敷地内を通りぬけるとコーラルベイ。他の安宿より設備が良い。予約しようとメールしたが、返ってこなかったので、電話する必要がありそう。24時間自家発電で、昼間でも扇風機等が使え、レストランも冷えた飲み物が出てくる。食べ物もおいしい。

f:id:ayuruvettyco:20190414154258j:plain

 

<クチル島 その他>

・D'Lagoon:島の北の方にポツンとある。周辺の海の透明度は低めだが、ビーチエントリーでナポレオンフィッシュがみられる等、魚影は濃いらしい。簡素なバンガローの安宿。のんびりした雰囲気。

marimari:島の南側。写真で見たところ、ワイルドすぎて無理だと思った。

・petani beach:島の南側。見た目はそんなに悪くない 。150リンギ~
・アルナンリゾート:島の南側は、ヒッピーくさそうだと思っていたら、高級リゾートもできたよう。

 ・mira beach :島の南側、ややコーラルベイ寄りの所にポツンとある。ホワイトサンドのビーチは気持ちよさそうだが、寂しげな感じもするので、一人旅だときついかもしれない。写真では壁に隙間が多い。

 

<ブサール島西側エリア>
海中はブサール島の方が良いと聞く。アブドゥルの前あたりの海は、ビーチエントリーのシュノーケリングで楽しめるかもしれない。ただし一人の場合、安全のために誰かを誘った方が良い。
mama's chalet:メインビーチにある。きれいかもしれない。110リンギ~
the reef chalets :清潔そう。140リンギ~
・SUHAILAS CHALET:旧ABC chalet。メインビーチ、 Abdulのとなり。ボロ 食堂なし
・ザ バラット :メインビーチ 160R~250R位? 中級  評判◎
・Abdul chalet:南京虫目撃情報もあるが人気。林和代さんの本に出てきた宿。
・ツナベイアイランドリゾート:南京虫目撃情報もなく、きれいな高級リゾート。シュノーケリングポイントも近くて便利そう。一人だと浮きそうなことを除けば、癒されること間違いないだろう。
 
<ブサール島南側エリア>
 Teluk Dalamの海は、泳いだりシュノーケリングするのには、あまりおもしろくないらしい。もう少し行けば、サンゴもダイナミックで美しいシャークポイントがあるのだが。いるのはおとなしいブラックチップシャーク。
メインビーチまでは、山の中の小道でつながっているらしい。アップダウンがあるので、徒歩20分位?
フィッシュポイントは、陸から入れるのか不明だが、かわいい小魚がたくさん群れるポイント。
・Fauna Beach Chalet:Teluk  Dalam きれいかもしれない。ビーチ前。70リンギ~?
・フローラベイ2:Teluk Dalam 掃除あまりしてない?
 

何が癒しになるかは人にもよるが、私は適度に話し相手がいる方が寂しくないので、暇そうなバックパッカーや一人旅がいそうな宿が無難かもしれない。実際ロングビーチでは、話し相手はすぐに見つかる。
しかし、夜間の騒音や宿の質を考えると、次に行く時は、ブサール島の宿にしようと思う。
そもそもプルフンティアン島は、野性味ある生活をするところであって、のんびりリラックスするともちょっとちがうのかもしれない。ただ亀と一緒に泳いだりはできるので、そういう意味ではヒーリングになる。海に入れば癒される。
なにもしないのは、暑いだけで退屈だ。風邪をひいて海に入れなかった同宿の人は、一日読書でうんざりだったよう。何もしないのがバカンスだなんて信じられない、暇で死にそうだ。
あと私は、ロングビーチに泊まったからか、連日寝不足で疲れた。

 

ビーチからレセプションまでやや距離があって暗かったり、通り道に明かりが足りなかったり、停電したりするので、どの宿に泊まっても、懐中電灯は必要。おすすめは100均の手の平にのるサイズのやつが、軽くてかさばらない。ない人達は、スマホの明かりを使っていたので、それでなんとかなるのかもしれないが…。

 基本島の安宿は、山小屋だと思った方があきらめがつく。山小屋でも熟睡できる人は良いが、そうでない人は何泊も滞在しないようにするか、~resortと名のつくきれいな中級以上の宿に泊まる方が良いだろう。

南京虫=bed bugは、どこの安宿にも運が悪いと出る。安宿よりは頻度は低いが、中級以上の宿でも出る時は出るので、自衛するしかない。

次回かそれ以降、虫刺されについて執筆予定。

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村