アーユルヴェティ子の、美と健康のためのもがき

中年女性がおくる美と健康のためのブログ。アーユルヴェーダ、シャンプー、化粧品、食、旅のこと等。(ブログタイトル変更2022年7月)

10日目、日本の食事が恋しい@南インド、アーユルヴェーダ病院入院

インドのケララ州、アーユルヴェーダの病院にて、持病の治療を受けること10日目。

病院にいるのもあと5日かと思うと寂しい。

やはり一昨日から受けているシロダーラの効果なのか、7時間眠れた。
一昨日位まで出ていた腕のポツポツと痒みも、すっかり出なくなった。日本にいた時からあった、膝の裏のかゆみもずいぶんよくなっている。

お隣さんが早朝出かけていく音がしたので、きっとヨガホールへ行ったのだろう。
私はベッドの上でヨガ。

7時、若返りのカプセルに入った薬を飲む。

7時半、セラピストが迎えにきて、ピッチリとかオイルバスとか呼ばれるトリートメントを受ける。
大量のオイルを全身にかけ流していく。トロトロと、体がガトーショコラになった感じ。結構汗をかいて、喉がかわく。
今日は昨日までよりもオイルの温度高め。時々セラピストが熱すぎないか聞いてくる。
今日はインドの祝日。
体を洗って外に出たら、セレモニーの準備をして、皆集合していた。
私もインドの国旗を受け取り、列に加わる。
マネージャーが挨拶、くす玉を割り、皆で国家を歌う。もちろん日本人とかは歌知らないので、気持ちだけ参加。おめでとう、インド。
ジャヤヘ~ジャヤヘー♪
そしてキットカットが配られて、解散。

本日の朝食は、カタール人のお隣さんと一緒に。
カタールについて色々教えてもらう。砂が多くて嫌になっちゃうらしい。
f:id:ayuruvettyco:20190922095920j:plain

仲良くなった日本人の患者さんが、スーパーへ行こうと誘ってくれたので、ご一緒させてもらう。
その前に病院で両替をしたら、1ルピー1.5円位だった。
病院が呼んでくれたリキシャで、高級住宅街を通り抜ける。

 f:id:ayuruvettyco:20190922095939j:plain

10分程でASAADスーパーに到着。
病院の外に出ると、晴れているし、結構暑い。
↓これは前の通り。
f:id:ayuruvettyco:20190922100003j:plain f:id:ayuruvettyco:20190922100017j:plain

 広すぎず、狭すぎず、程よくまとまったスーパーで、アーユルヴェーダシャンプーやローション等も、100mgから売っていた。
ブラウンシュガーが1kg100円ちょっとで、つい買ってしまう。
バラマキ用の量の小さな土産は、ルルモール1階の大型のハイパーマーケットよりも、このようなこじんまりとしたスーパーの方が見つけやすいのでは、と思う。
往復20分程、運転手さんの待ち時間30分程で、2人で250ルピー+チップ少々。

 病院に戻り、12時の薬を服用後、昼食。食欲が戻ってきた。

1時、自室にて、尻からのヴァスティ=浣腸
これも、もう慣れた。

3時、トリートメントルームにて、シロダーラと座浴。
茶色い、ほんのりと甘い匂いのするお湯に腰まで浸かる。
時々セラピストが熱いお湯をつぎたしにきてくれる。
いい湯だな♪ババンババンバンバン♪
シロダーラは、一昨日、昨日よりもおでこが慣れたからか、長めになった。
気持ちいいとは思わないものの、おでこはもう大丈夫。でも首が痛い。
なぜなら、枕が江戸時代の時代劇に出てくるような、バカ殿で見たような四角いもので、木製のかたいやつなのだ。

その後、部屋に担当Drが問診にきた。
今日はシロダラで眠ったか?と聞かれ、いいえと答えると、少し困った顔をしていた。
あと、枕が痛いことも訴えた。
このDrは、私がこれが痛い、あれがしんどい等、体調の変化や要望を言うと、嬉しそうな顔をする。ちゃんと患者の状態を知りたい、とても熱心な人だ。

今日は祝日のため、ヨガ教室は無い。
ゆっくり部屋で過ごし、薬を飲んで夕食へ。

ここの料理は確かにおいしいのだけど、普段こんなに毎日スパイスをとることがないので、3食毎日カレーだと、食欲が無くなってくる。おいしいということは確かで、体調をくずすこともないのだけれど。
アーユルヴェーダは腹八分目なので、その位で残して構わないそう。
日本人の患者さんと、うどんが食べたいとか、どこそこのパフェが旨いとか、8時過ぎまで話し、食堂のスタッフが帰りたそうにしているので、その辺できりあげて部屋に戻る。

チャパティ、全粒粉でおいしい↓
f:id:ayuruvettyco:20190922102736j:plain

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ
にほんブログ村