アーユルヴェティ子の「美しく健やかに」

30代女がおくる美と健康のためのブログ。アーユルヴェーダ、シャンプー、化粧品、食、旅のこと等

大黄蟅虫丸という漢方薬(R虫嫌い)

R指定 虫嫌いさん、閲覧注意

先日書いた通り、ずっと前に子宮筋腫を手術で摘出した。
手術はうまくいったけど、やっぱり手術ってメンタル的にもしんどいもの。できるかぎり再発はさせたくない。
しかし術後半年もせずに、さっそく再発の兆しが(´;ω;`) しかも1~2mm程の筋腫の芽とやらがたくさんある。
術後予防的に漢方を飲んでいたのだけど、それでも再発の兆しがあるのだから、もう少し別の漢方も追加してもらった。

大黄蟅虫丸(ダイオウシャチュウガン)というやつで、ろくに成分もきかずにもらった私も悪いが、持ち帰ったあとに成分などを調べたら、中身は虫だと判明。ガビーン!先に言って、そんな大事なこと。

見た目は直径5mm程のまん丸の黒い玉で、ビービー弾みたいなもの。匂いもそんなにない。一見飲みやすいけど、虫をつぶしてこねてまるめたものだろうから、メンタル的に飲みにくい(TT)

いや、いなご位だったらいいよ、日本でもよく流通してるから。食べたことないけども。

無理!使われてる虫が無理!

便秘薬としてよく使われる植物の大黄や定番の甘草等に加えて、
・蟅虫(シャチュウ)=サツマゴキブリ。台所で見るやつよりはかわいい。
・水蛭(スイテツ)=ヒル。よく田んぼとかにいて、足にはりついて血をすう。
・虻虫(ボウチュウ)=アブ。翅と足をもいだバージョンもあるらしく、妙に気持ち悪い。
・蠐螬(セイソウ)=コガネ虫の幼虫。よく植木鉢から出てくるやつ。カブトムシの幼虫の小さいの。これは入ってないこともあるようで、そう祈る。

(生の虫の写真の転載ができないので、書いたイラスト⇩)
f:id:ayuruvettyco:20210214155931j:plain

画像なんて検索して見るんじゃなかった!もっと飲みにくくなった。

ゴキブリは小さいすっぽんだと思えばいけるかな。ヒルは貝の一種かも。

・・・やっぱ無理!いや!虫はやめて。

えーんえーん(T T)21日分もある…。
でも焼かれてゴリゴリまるめられた虫達の気の毒な事。もったいないので、ちゃんと飲んだ。2月14日バレンタインの本日、残りあと2回分。

でも漢方の専門家によると、すごくよく効くらしい。本当かなぁ。痰や肩こりはすっと良くなったけど。これで筋腫が良くなるのだろうか。

毎日少しずつメンタルがけずられていく感じがして、結局桂枝茯苓丸にかえてもらった。こっちは肌ピカピカに✨

これはよくあちこちの店頭にあるの⇩ 私のは薬局の手作りの新鮮そうなやつ。

参考サイト(飲む前に見たらだめなやつ)
生薬の玉手箱 【シャチュウ(シャ虫)】 - ウチダ和漢薬(旧サイト)
永久漢方 https://www.kanpoto.com/products/146.html
💊薬用ゴキブリの歴史:中国では現役!漢方薬にサツマゴキブリ | ゴキラボ
よく使われる動物生薬(2)

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村