アーユルヴェティ子の、美と健康のためのもがき

中年女性がおくる美と健康のためのブログ。アーユルヴェーダ、シャンプー、化粧品、食、旅のこと等。(ブログタイトル変更2022年7月)

食べ物のドーシャと効能の勉強ノート<し行>

ドーシャ → V=ヴァータ  P=ピッタ  K=カパ
+上げる ±かわらない -下げる
〇=良いという説がある。  ×=良くないという説がある。
(実証されているかは不明)

ヴァータ:増えすぎると、風邪、乾燥、不安、生理痛等の不調がでる。程ほどにあれば、フットワークがかるく、スリムな体型。

ピッタ:増えすぎるとイライラ、アトピー等の肌トラブル、心臓疾患、目のトラブル。程ほどにあれば、情熱的、筋肉質でバランスの良い体型。食べてもあまり太らない。

カパ:増えすぎるとむくみ、体重増加、鼻水、冷え性。程ほどにあると、メンタル的に落ち着いて、寛容。

アーユルヴェーダでは、この3つのドーシャ全て増やさずに、バランスをとるのが良いらしい。
くわしくは過去記事を・・・

ayuruvettyco.hatenablog.com

 

・塩
V- P+ K+
必要だけど、取り過ぎは高血圧やむくみに。

 

・シソ
〇食欲

 

・しだれやなぎ
〇解熱、鎮痛
枝葉をお茶にして飲む

 

・シナモン
Vー P取り過ぎ注意 K-
代謝UP、コレステロールDown、痛み、婦人科系、便秘、血行を良くする
産地によって特徴がちがう。セイロンシナモンは、肝臓に負担をかけにくいので、たくさん食べても大丈夫。その他の地域のものは、一度にたくさん食べすぎないよう注意。

 

・じゃがいも
V+ Pー K+
× 消化に重い、ダイエット、PMS、ガス
良い食べ合わせ:パセリ、香草、クミン、ギー、こしょう
良くない食べ合わせ:きゅうり、牛乳、ヨーグルト、卵

 

 ・ジャスミン
Pー K- 

 

 

・しょうが(ジンジャー)
P+ K-
〇体をあたためる、消化、ダイエット、薬の吸収、吐き気、かぜ、食中毒、頭痛、腹痛

 ・シリアル
V+ Pー K-

 

  <参考文献>
西川眞知子 他『アーユルヴェーダ実践BOOK』地球丸からだブックス
川島一恵『アーユルヴェーダ治療院のデトックスレシピ』
蓮村誠『からだを整えるアーユルヴェーダ式 毒出しベジべんとう』
岩淵 亮順 1979『釈迦がのこした健康法』
バーベリンリゾート作成のプリント

 

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村