アーユルヴェティ子の、美と健康のためのもがき

中年女性がおくる美と健康のためのブログ。アーユルヴェーダ、シャンプー、化粧品、食、旅のこと等。(ブログタイトル変更2022年7月)

新型コロナ(オミクロン)感染で10日間自宅療養

今、すごく感染者が増えていますが、ご覧になっている皆様、大丈夫でしょうか。
私も感染者がものすごく増え出した2022年7月下旬、とうとう感染してしまいました。
同居家族からうつったようで、家族間感染は防ぐの難しいなと思います。
経過や療養中あってよかったもの、ほしかったもの等について書きます。

 

はじめて症状が出た日が発症日で、0日目としてカウント。翌日から1日、2日、10日まで外出禁止。でも陽性が確定するまでは、食料品等の買い物は構わないそう。保健所の人「今のうちですよ~」だって。
ちなみにワクチンは3回接種。

0日目、同居家族より、熱があるので病院へ行ったら抗原検査で陽性だったと連絡があり、濃厚接触者ということで、とっとと職場から帰る。
電車はすいている時間で、他の人から離れて立つようにした。
帰る途中、ドラッグストアでアクエリアス等を買っておく。抗原検査キットは在庫がなかった。
まだ症状がなくて元気なので、バスには乗らずに徒歩で帰る。
全く症状がないので、まだ感染していないか、無症状なら良いのにと思っていたら、寝る前、喉がちょっと痛い。
夜中に咳がでてきた。いつもの喉からくる咳ではなく、胸のあたりからくる咳。「あ、コロナだ」と実感。

1日目、少し息苦しさが出てきた。
何年か前に2回だけお世話になった内科に電話してから、PCR検査を受けに行く。行きつけの病院でコロナ検査対応している医療機関は限られていて、後は薬局で検査をしているようだけど、サイトを見ると、申し込みがいっぱいで一時中断しているよう。
我が町にはPCR検査場のようなものはなく、クリニックも初めての人は1日5人まで、のように制限があり、検査を受けられない人達がたくさんいそうだ。
検査を受けなくても、10日間自宅でじっとしていればよいのだけど、仕事もあるので、もう少し早く出たいところだし、検査ができないと困る。
クリニックの個室で検査を受けて、これから症状がひどくなるだろうからと、対処薬を薬局でもらう。(あとで聞いた話では、抗原検査で即時陽性が出た場合、薬代は公費扱いで無料になるらしい。医療機関によって、しんどくて家から出られない人には、薬の宅配もある。)
ちなみにもらった薬は、咳止め、ロキソニン、胃の粘膜保護の薬、痰切りのカルボシステイン、トローチ、細菌感染かもしれないので抗生剤。
あとスーパーで10日分の食料品を追加で買い込む。冷蔵庫パンパン。
まだ体力に余裕があるので、料理などする。

2日目、前日よりも体がしんどい、咳や喉の痛みも増し、微熱も出てきた。
でも家族の中では一番元気なので、おかゆ等の食事は私が担当。
PCR検査の結果が出て、陽性とのこと。

3日目、さらに熱があがり、37.5℃で体もしんどいので、処方してもらったロキソニンを服用。熱も下がり体も楽になる。たまにうとうとしながら、オンライン研修を受ける。

5日目、熱が完全に下がり、あとは倦怠感と咳、喉の症状。

青菜が途中で買い足せないのが困る。ピーマン位なら日持ちもしそうだけど。
ネギは水にさしていたら、5日位で枯れてきた。
無いなら無いで、サプリメントも持っているけれど、やはり野菜が食べたい。
いざとなれば庭の野草を食べようかとも。
途中で乾燥野菜をネットで注文。これで青菜がほしくなれば、みそ汁に入れる等できるので、心配なくなった。

 

その後、日に日に咳や喉の痛みは改善。のどの痛みや倦怠感は10日目位まで続いた。
今も相変わらず、痰があって気持ち悪い。
これまで、1か月とまらない咳とか、ぜんそく発作とか、オットセイのような咳&39℃で喋れないけど仕事するとか、もっとひどい風邪はたくさんひいてきたので、比べると軽かった。
家族も38℃台まで発熱していたが、大したことはなかった。全員ワクチンをうっていたおかげかもしれない。もしワクチンを打っていなかったら、寝ている間に呼吸がとまっていたらどうしようと、もっと心配だっただろう。
コロナは、くじびきのようなもので、無症状のくじをひいた人はラッキーな方、オミクロンは軽症の当たりが多く用意されているので軽症者が多そう、中等症や重症をひいてしまったら大変。ウイルスへの暴露が多いということは、くじ引き券をたくさんもらったようなものだから、マスクや消毒でのガードは必要だと思う。
マスク等の対策のおかげで、幸い私の発症2日以内に関わった職場等の人達に濃厚接触者はおらず、皆さん元気とのこと。

悩んだのが療養終了のタイミング。
保健所からは、終了の連絡はわざわざ来ない。
案内には「発症から10日後かつ症状軽快後3日後」に自分で終了するように。迷う時は受診した医療機関にきくようにかいてある。
症状軽快ってどの程度で??と、すごく曖昧な表現に困惑。
クリニックに電話すると、同居家族も全員罹患しているし、判断がクリニックと保健所で違うかもしれないから、保健所で聞くようにと。
保健所に電話すると、最近は37.5℃以下になれば「軽快」とするとか。
状況によって、判断材料がかわるらしい。

都道府県によって、そういう判断材料とか、検査の受け方や場所とか、いろいろ違うし、症状でしんどい中での情報収集も大変だ。
保健所が多忙とか、すでに医療崩壊とか聞くと、問い合わせるのも申し訳なくなる。

 

感染に備えて用意したいものまとめ
・薬(ロキソニンカロナール、胃の粘膜保護の薬、痰切りの薬、咳止め)
・ポカリとかアクエリアス
・梅干し、米、オレンジ以外のフルーツジュース(オレンジは痰が増えるから)、ゼリーとか喉を通りやすい物、乾燥野菜、他日持ちしそうなもの(ピーマン、にんじん、豆腐、そうめんとか)

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村